Make your own free website on Tripod.com

Days

第7話(3/02)

まゆみを追いかけようとする鉄哉、しかし、菜々子に「一人にしないで」と引き留められる。結局、鉄哉の所に泊まった菜々子は仕事を休んでしまう。
菜々子が部屋を探索しているところへ壮太が帰ってきた。壮太の様子がいつもと違うことに戸惑う菜々子。仕事場で話しかける鉄哉にも冷たくあたる。先輩にイヤミを言われた壮太は大暴れし「もっと上の世界の人間になってやる」と言い残して出ていってしまった。
まゆみは潤を呼び出し居酒屋へ。酔ったまゆみは、まるで鉄哉のような口調で「愛」について語りだした。潤は、まゆみの鉄哉に対する想いに気づく。酔いつぶれたまゆみをベットに寝かせた潤は、まゆみにキス。しかし、まゆみは酔いつぶれていなかった。
まゆみは菜々子にネイルサロンを辞めるかもしれないと告白。「鉄哉から逃げるためじゃないの?」と言う菜々子に否定はするものの、図星であった。
鉄哉は、まゆみに「潤を男にしてやってくれ」と電話する。「どうして」と聞くまゆみに鉄哉は思わず「俺もお前に惚れてる」と告白。
アパートを飛び出した壮太はホストクラブに勤めはじめた。一子は壮太が茅野の所にいると思いこみ潤の通う予備校へ。「壮太を返して」と詰め寄るが、壮太とは遊びで自分の所にはいないことを知らされる。思い詰めた一子は自殺を図った・・・












昔のキャラを引きずってるような感じを受けていた菅野ですが、今回はオリジナル度と「菜々子ムカつく度(笑)」が大幅アップしていてイイ感じだったと思います。内容も、ここ数回続いていた恋愛話onlyから、第1話で「今の境遇から脱出できず同じ工場で働く古賀のように老いてしまうのがこわい」と言っていた壮太がアパートを飛び出したりと、(個人的には)久々に見応えのある第7回だったように思います。
(容量の関係から敢えて圧縮率を上げて掲載していましたが、画質に関するmailが多かったので多少上げてみました。)


BACK