Make your own free website on Tripod.com

Days

第8話(3/09)

自殺を図った一子は幸い命に別状はなかった。病室に駆けつけてきた鉄哉は、自分や菜々子だって思うようにならないことばかりで辛い思いをしているのに自分だけ逃げ出すなんて、説教する。菜々子から連絡を受けたまゆみもやってきた。鉄哉とまゆみは電話のこともありちょっと気まずい雰囲気。鉄哉は逃げ出すように病室を後にした。

一子が働いている店から電話が。電話に出た菜々子は代わりに出勤して欲しいと頼まれる。結局菜々子とまゆみが代理出勤することに。そのころ、鉄哉は付き添っていた潤と、一子を励まそうと一生懸命。一子には2人の気持ちが嬉しかった。帰宅したまゆみは、仕事を通して一子のことを誤解していたことがわかったと反省する。その話を聞いた一子は、自分は楽してチャンスを掴もうとしていただけで全然努力していなかったと告白。

鉄哉と菜々子は映画を見に行くが、鉄哉はあまり乗り気じゃない。どこへ行っても長蛇の列。他のカップルが楽しそうに話をする中、鉄哉は順番を待ちきれず、結局、公園でたこ焼き。鉄哉は、みんなが目標を見つけて歩き出している中で自分だけ何も見つけられずにいることに焦りを感じていた。相変わらず脳天気な反応で切り返す菜々子だが「情けねぇ似たもの同士」という鉄哉の言葉はさすがの菜々子にもこたえた。一方、まゆみと潤は神社へ合格祈願に行く。ラブホ街に迷い込んだ2人はホテルに入る。覚悟を決めたまゆみは目をつぶるが、潤は「まゆみの目の中にいるのは僕じゃないから」と拒否する。

NO.1ホストの客を取った壮太は、先輩に殴られる。怪我をした壮太は一子の所へ。一子にセマるが「帰って」と素っ気ない態度にちょっとビックリ。

菜々子は、鉄哉がまゆみに好意を持っていることを確信。鉄哉に、自分も目標を見つけて鉄哉の心をまゆみから奪ってみせる、と宣言する。













BACK