Make your own free website on Tripod.com

Days

第9話(3/16)

茅野を見返してやろうとアパートを出てホストクラブで働いていた壮太だが、先輩とのトラブルで店を辞めキャッチバーの呼び込みをはじめる。理想とは反対にどんどん落ちていく壮太。
芸大受験の日が来た。鉄哉のバイクを借りて試験会場へ。試験問題は「手を描け」。お守りにと、まゆみが描いてくれた四つ葉のクローバーを見つめる潤。試験を終えた潤は、鉄哉にバイクを返しに行くと嘘をつき、まゆみに手紙を渡しに行くが工事現場に突っ込んでしまう。幸い打撲とかすり傷で済んだ潤は、鉄哉からもらったお守りを大事そうに握りしめていたが、事故のショック(?)でワイヤーが緩みポールの下敷きになってしまう。
泣き崩れる鉄哉たち。事情を知らずに月島食堂に来た壮太も、潤が死んだ事を聞いてショックを受ける。そんな時、潤の両親が月島食堂に現れ、まゆみに手紙を渡す。手紙には、前からまゆみが鉄哉のことを好きなことを知っていたこと、鉄哉への想いを振り切ろうとして自分の世話を焼いてくれていたまゆみに正直になれと言いたかったことが書いてあった。潤を騙していたことを悔やむまゆみ。
まゆみは菜々子たちに福岡へ行くことを伝える。手紙がキッカケ?と聞かれてもはぐらかし、手紙の内容も教えなかった。
芸大合格発表の日。鉄哉は合格者の中に潤の番号を見つけ、天に向かってバンザイをする。まゆみ・菜々子・一子も一緒にバンザイ。
合格発表を見に行っていた鉄哉の部屋に張り紙が。父親が脳梗塞で危篤らしく至急帰ってこい、と書かれていた。













来週は最終回です。


BACK