Make your own free website on Tripod.com

深夜水族館"ギャラリー我蘭(1997.9.16)"


菅「最初はぁ、カメラマンさんに言われて、1年前くらいから撮ってはいたんだぁ。でも、それは最初作品撮りってかんじでぇ、写真集にしましょうとか、そう

いう話しではかったんだぁ・・・」

というオープニングでスタート。

菅「すごいねこの木、見て、この枝」


菅「ねぇ、蘭々ちゃん虫嫌い?」

蘭「蜘蛛嫌い」

菅「あっ、蜘蛛嫌だよねぇー」

我「蜘蛛とか絶対殺しちゃいけないんだよねぇ」

蘭「なあにぃー」

菅「でも、言うよねぇ。なんかさぁ、白い蜘蛛は良い知らせを運んでくるとかさぁ」

蘭「あと、朝の蜘蛛は殺しちゃいけないんだって」

菅「なんでぇ?」

蘭「朝の蜘蛛は、神様の使いだから」

菅「やっぱりそいういうことあるんだ・・・」

我「そういうことあるよ」

菅「でも、やだーねぇー」

蘭「ゴキブリと蜘蛛だったらゴキブリの方がすき」

菅「うそーおー」


菅「それ、変わってるよー」

蘭「なんでぇー」

菅「めっちゃめちゃ変わってるよーお」

我「蜘蛛は触れないけど、ゴキブリは手の平に乗せられるの?」

蘭「うん、乗せられるよ」


菅「うっそー、カッコイイー」

ナ「カッコイイって言ってる美穂ちゃんもヘンじゃない?」


子供の頃の遊び


菅「虫取りはぁ、んー普通にね、うち団地だったから、ドロ系(?)とか団地の敷地内にあったり、あと、お母さんごっことか」

我「それ、おままごとみたいなこと?」

菅「そそそそそ。おままごとだ。あと、だるまさんが転んだとか、色々やった。缶蹴りとか」

我「あと、カゴメカゴメとか怖くなかった?」

蘭「怖かったぁー」

菅「あのさぁ、あの歌の意味を聞いたときビビったよねぇー」

我「歌の意味あるの?」

菅「えっ、これ言っていいの?」


(と、いいながら顔はめちゃ言いたそう(笑))

菅「あの、あれだよねぇ。カーゴメカーゴメ籠の鳥ーはって赤ちゃんのことなの。籠の中って。お腹の中に赤ちゃん・・。いーついーつでやーる、いつ生ま

れる。よーあーけーのばーんに鶴と亀がすーべった、滑ったのお母さんが。後ろの正面だーあれって、その赤ちゃんのことなの」

我蘭「おーっ。すげー暑い日に」



<かごめかごめ>神道の儀式が遊びになったもので内容に特別な意味はなし(「日本のわらべ唄」三省堂より>

菅「じゃあ、だるまさんが転んだとか、そういう健康的なのしよう」

蘭「イエーイ」

(ジャンケンをして我が負ける)


蘭菅「鬼鬼」

(で、はじめる。蘭々は下駄だったため、止まれず早々に捕まる。菅野が助けにいくが、我聞が早口だったため、止まれなかった。)

我「だるまさんが転んだ」

菅「あー、早すぎるよ、今のちょっとズルイよねー」

我「ずるくないずるくない」

菅「はい、も1回^3(と、押し切る)」



我「だるまさんが転んだ、12345678910」

我「止まれ止まれ」


(逃げ続ける蘭菅)

我「ルール無視すんなよ」

蘭菅「聞こえない。なーにー」


子供の頃は女ジャイアン


菅「ジャイアンの女版って感じで、すごいねぇ、なんなんだろ、まあ、兄弟3人いて、まず兄弟ゲンカがすごかったの。で弟2人なんだけど、で3人で空手習

ってたから、ケンカの時つかっちゃいけないけど使っちゃうじゃん。中級だけど」


我「まあ、空手といえば僕も昔はちょっと習ってたんだけど」

菅「そうだよねぇ」

我「まあパンチを受けてあげようじゃないか」

菅「ほんと?」

蘭「いけぇ菅野。我聞の腹に風穴あけてやれ」

菅「せーのー」


(多少手加減気味?の正拳突き)

菅「あーっ、つよーいー」

蘭「すごーい音しなかった?」

菅「大丈夫だよ、これ」

菅「うそ?、ごめん」

蘭「震えてるよ、クチビルが」

我「いてーっ」


BACK