Make your own free website on Tripod.com

ルックルックこんにちは(1997.10.17)彼は同い年 菅野美穂・合い鍵熱愛?!


記者会見などが行われていないこともあり、写真集発売後に行ったインタビューがメインでした。


菅「います」

レ「いるの?好きな人いるの?」

菅「いますけど・・」

レ「ちゃんと告白しました?」

菅「うーん、でもね、写真集のこととか色々あって、どう思うかなとか色々・・」

レ「ということは美穂ちゃんの気持ちは分かってるんですね相手は?」


菅「と思うんですけど。でもね・・・なんか・・・記者さんの前で言えないですよ(笑)」


菅「好きな人はいますけど、でも、なんか片思いです」

レ「こんな可愛い子を片思いさせておくなんて」

菅「ていうか、うーん、やっぱり、仕事としては私、今回、写真集を出したことって認めて欲しいんですけど、ほんとの恋人だったら認めて欲しくないことだと思うんですよ」


ナ「菅野さんにとって写真集発売は一大決心でした。その最も大きな理由が"彼の存在"だったというのですが、誰のことだったのでしょう。」

菅「だから、"見た?"とも聞かないし、"見てね"とも言えない。なんか・・・いいんです。もうちょっと時間が経ってから、それでまた、いい感じになれるんだったらそれがいいなと思うんですけど」

レ「美穂ちゃんの不安のなかには、それもあったんだな」


菅「そうですね。それはねぇ、やっぱりねぇ、いままで水着撮影とかそういうのはヤだなと思ってたのは、やっぱり勿論ね、親に対して申し訳ないというか、あと恥ずかしいとか、好きな人以外の前で肌を見せることに抵抗があって」

レ「好きな人よりも写真集の方が普段の美穂ちゃんを具体的に撮しだしているわけだ、好きな人が知ってる美穂ちゃんよりも」

菅「それは・・・ありますね。両想いだったらまた別だと思うんですけど。今現在、話をして"初めまして"っていうよりも、写真集を見てもらった方が話が早いかなっていう感じはしますけどね。ただ、私もこれから変わっていくと思うから、今だけって感じですけど」

レ「そっか。じゃあその恋がいい恋に発展することを願っています」


菅「ありがとうございます」

ナ「柏原さんの所属事務所も"いい友達です"と交際を認めています。今、菅野さんにとってリラックスできる一番の相手なのかもしれませんね」


インタビューというよりも、楽屋で恋愛相談をしているような雰囲気(笑)。
リアルサウンドでの共演がきっかけなんでしょう。二人がつきあっているかどうかは別として、この件で、宮澤さんとのウワサにもケリがついた感じがします。


BACK