Make your own free website on Tripod.com
写真集出版の是非・今後の展開などについて皆さんの意見を聞かせてください


写真集を見ました。 まあ、何というかカメラマンの視点、構成からして菅野美穂さんの19歳の姿を記録と して留めようという意図が感じられ、全体に淡々としたものを感じました。 この写真集ではヌードのカットも服を着ているカットも19歳の菅野さんという意味で 等価に扱われていて、ヌードに特別な意味を持たせていないような気がします。 そういった意味で、まさに菅野さんが望んだような写真集になったと思いました。 ちなみに私の好きなカットはガラスのブロックにキスをしているところ、ズームアップ の顔の半分がぼやけているというカットですね。-1997.9.23-

写真集は友達に借りて見ました。
ジージーを保存していたなんて凄いですね、確かに私もNUDITYを見たとき写真の表現の仕方が似ていると思いました。次の号が発行されたら買おうと思っていたのですがあまり売れなかったので季刊誌で終わったみたいです。あの本のカメラマンは誰だったのでしょうか?私は処分してしまったので今考えると残念で仕方ありません。当時、管野はマイナーアイドルを突っ走っていたのであの本の管野より他の女子高生の下着や水着のグラビアばかり見てました。(笑)
●      ●

カメラマンは"ハービー・山口"氏



わたしは、特に菅野美穂さんのファンというわけではありませんでしたが、グラビアに対する個人的な興味の一環から当写真集を購入しました。
まずは写真集を拝見しての感想ですが、非常にプライベート要素の強いものだという印象がありました。生活の節目節目を写真に収めているようで、ヌードに対するいやらしさよりも他人の生活を垣間見ているようなエロティシズムを抱きました。
これは、わたしにとっては好感の部類に入ります。素直にとてもいい写真集だと思いました。


菅野美穂さんの演技は、テレビ等々で拝見しております。とてもいい役者だと思っていました。
その理由は、プロの役者としての覚悟みたいなものを感じることが出来たからです。役者としての目標の高さ、目的意識の明確さ、そんなものを感じていました。今回の写真集についての報道を、わたしはほとんど見ていないため、彼女の真意等々の発言・記事も見ていません。その上で発言させていただくならば、今回のヌード写真集についてもわたしは菅野美穂の役者に対する覚悟を見た、と言いたいです。
役者というのは、身体のすべてを使って表現すべきことを観るものに伝えることがその存在意義だと思います。菅野美穂さんは、今回のヌード写真集で 彼女の覚悟・目標を示し、愚鈍な観客を突き放し、更なる飛躍を目指しているのでしょう。
ヌードで話題を作ることが出来るのもいい役者の条件だと思うし、そのことで騒いでいる世間を嘲笑うぐらいの気持ちでいいのではないでしょうか。


  管野美穂の裸身はキレイだと思う。
芸術といってもいいと思う。歴史的芸術品には裸身をあつかったものが多い...
管野美穂のヌードはそれほど大げさなものでないにしても、オトコの本質的なものをくすぐるところは充分ある。 芸術ってそんなものではないかな...観たり聴いたりして、何かが感じられればいいのでは?
雑誌のグラビアでしか観ていないが、しっとりとした感じがしてとても心地いい。充分、本能がくすぐられた。ただのオンナではない、やはりアイドルとして選ばれてきただけのことはある、そんなオンナ管野美穂のヌードに拍手!!



菅野美穂の写真集についての感想・意見を書きます。
僕は見ました。 この写真集のカメラマンはあまり腕が良くないと思われます。 もし僕が写真集の企画者であれば、この写真集のコンセプトを考えたり、企画するの時点で写真家を厳選し、「本物」のプロに依頼します。あまりにも安直な選び方をしたのか、あるいは資金面の問題か、他に理由があるのか・・・いずれにせよ、光の使い方、写し方、舞台、モデルとの距離感、あらゆる面でモデルとの 意志の疎通がなされていないことなどから、カメラマンの技量が未熟だというこ とが分かります。
このことから、この写真集の企画段階でヌードになるということは決定されてなかったか、決定されていてもそのことをモデルに知らせていなかったかもしれません。あるいはあまり納得していない上での撮影だったのでしょう。(ちなみに、僕は記者会見の菅野美穂の発言の半分は、写真を撮った・撮られた事に対し、自分自身を無理に納得させるためのものだと思います。)
菅野美穂という人の事はほとんど分かりません。われわれはマスコミと言われる情報発信体からのものしかその人物を知ることが出来ません。情報のとらえ方・ 感じ方はわれわれに任されている以上、様々な意見が出るのは当然です。そして様々な意見は本人の耳に入っているでしょう。
願わくば、菅野美穂という一個人の人生の中で、この出来事が本人にとって「糧」になってくれることを祈ります。
以上。



朝カンやめちゃったんですか?残念ですね。
ぼくはイグアナからのファンで、まだ見る勇気がないです。確かにいままで役が偏ってたし、これからはいろいろ挑戦してほしいとおもいます。でも、ぬぐのはこれっきりにしてほしいですね。強烈すぎますよ、制服姿がなつかしいです。変なイメージになっちゃったし、涙だしちゃあだめですよね、安心しましたけど。
ということで、彼女には女版 矢沢 永吉(あってる?)をめざしてほしいです。演技ではおもいきりのめりこんで、バラエティとかでは元気な彼女をみせてくれればなあ、とおもいます。



mailto:sakaeya@tokyo.dddd.ne.jp

BACK