Make your own free website on Tripod.com

Days

第1話(1/12)
 東京の空の下には、地方を飛び出して上京してきたたくさんの若者がさまよっている。ある者は学び、ある者は働き、またある者は恋をして。彼らの目的はいったい何? それぞれの地方からやってきた6人の若者たちのさりげない日常を通して、彼らが「今生きている」という実感を手にしていくまでの青春を描く、日本版「アメリカン・グラフィティ」。 

下町の板金工場「戸田鉄工」で働いている矢部鉄哉(長瀬智也)と松本壮太(金子賢)、ともに20歳の青年だ。田舎から出てきて、工場の2階で下宿している。彼らの毎日は仕事とナンバの2本立てで成り立っている。そんな2人の次なるイベントは1月15日、成人式。成人式に行けば着物姿の女の子が入れ食い状懸だ! この日のためにスーツも新調した。上下紫色のド派手在スーツ。これで女が落ちないわけがない。気合い十分、スクーターに飛び乗った2人は式場めざしていざ出陣! 

会場に一乗り込んだ2人は、さっそく片っ端から女の子に声をかけてみる。ところが、これがどうも調子が悪い。ほとんどの女の子が2人のかっこうを見ただけで素通りしてしまうのだ。唯一、会話らしい会話になったのが江崎まゆみ(中谷美紀)と池内莱々子(菅野美穂)の2人組。鉄哉が誤ってまゆみの振袖を踏みつけて破ったため、弁償するしないでモメてしまったのだ。プンプン怒って去っていく2人。逆に壮太はこれ幸いと2人を追いかけ、口八丁手八丁でアプ□−チを開始。しかし、調子に乗れぱ乗るほど相手の機嫌を損ねるばかり・・・。


第2話(1/19)
 鉄哉と壮太の2人は電話帳をめくりながら、六本木のネイルサロンに片っ端から電話した。そして、ようやくまゆみたちが働くネイルサ□ン・ナチュラルネイルを一見つけ出した。ある日、鉄裁と壮太は行きつけの定食屋に下宿する潤(小橋賢児)も引き連れ、まゆみたちが働くネイルサロンの前で待ち伏せ。仕事が終わって出てきたまゆみと莱々子を食事に誘う。相変わらずプンプンしてるまゆみはさっさと帰ってしまうが、莱々子が乗ってきた。実は莱々子、初めて会ったときから鉄哉のことが気になっていたのだ。そして4人は焼き肉屋へ。

 このころ、潤は予備校の授業にも行き結まりを感じはじめ、芸大受験に対する自信を失いつつあった。その反動で鉄哉たちと遊び、気を紛らしていたのだ。ひとりでいるとついあこがれの芸大のキャンパスの中をまるで夢遊病者のように歩いているのだった。 

鉄哉が潤を励ますパーティーを企画する。場所はいつもの月島食堂だ。莱々子たちも、そこに呼ぷことにしたが・・・。まゆみのキツい一言からまた口論に。泣き出した一子を追い、送っていった壮太はその夜、一子の部屋に朝まで。めでたくカップル成立。


第3話(1/26)
いち早く、くっついた壮太と一子は連日ベタベタ状態。あの夜の口論の後、みんなの前では強いことを言っていたまゆみが密かに路上で泣いていたのを見ている菜々子は、彼女のことを気にかけながら、自分の恋にも一生懸命。夜遅くに工場の寮を訪ね、戸惑う鉄哉に、またも積極的にアプローチ。工場のうす暗がりの中、唇を重ねる2人だが、やや空回りしている気配の菜々子の想いだけに、この2人の関係はいまのところ全く未定。

BACK